アイドル犬

肉球ペット用品を送料無料でお試ししちゃおう!
  ずっと気になっていたあの商品が送料無料のお試し価格!
  お得な商品満載☆いろいろお試しできますよ♪


アイドル犬 タレントペット

昨今、タレントペットの勢いはとどまるところを知らないという雰囲気ですね。
動物やペットを扱う番組は、『ペット大集合! ポチたま』(テレビ東京系)を
筆頭に、週3本!なかでも犬の需要が一番高く、CMや映画・ドラマ、
バラエティにと引っ張りだこなんだとか。

 

人気アイドル犬といえば、アイフルのCMで有名なチワワのくぅ〜ちゃんや、
ソフトバンクのCMでお父さん役を務めるカイ君。生半可な人間のアイドル
よりも多くの注目を集めるといっても過言ではなさそうです。 どうしたら、
あんなアイドル犬になれるんでしょう?

 

くぅ〜ちゃんが所属する日本ペットモデル協会のプロデューサー、小谷ゆみ子
氏によれば、「飼い主さんのほうからペットモデルにしたいと、くぅ〜ちゃんを
ウチに登録したんです。最初の1年間は、あらゆるオーディションに落ち続け
ました。アイフルのCMでやっと最終選考に残って、監督や共演者の皆さんの
ご支持もあって合格しました」ということです。

 

同協会は従来のペットプロダクションと違い、自社で動物を飼うのではなく、
飼い主に自分のペットを登録してもらい、CM撮影やペットフードのパッケージ
モデルなど、さまざまなオファーの中から、適切なモデルを選んでブッキング
する方式をとっていて、ギャランティは飼い主との折半になるとか。

 

くぅ〜ちゃんは、雑誌報道などで「死亡説」なども流れたことがありましたが、
元気に生きており、昨年は子犬を出産。今も出演依頼が絶えないそうです。

 

最近では、「私の愛犬を第2のくぅ〜ちゃんに」と考える飼い主が続出。
現在、こういった状況を背景にして、登録方式の動物プロダクションが
乱立しており、その多くはモデル・芸能プロダクションの1部門や子会社。
ホリプロは「ワンワンスカウトキャラバン」と銘打って、人間のアイドルと
同様に、アイドル犬の発掘に乗り出しているほど。

 

ペットビジネスの負の側面といえば、テレビや雑誌などの撮影現場で、
犬を過度に叱ったり殴ったりして、無理やり演技させているプロダク
ションの話をよく耳にしますが、現在はそういった犬への虐待よりも、
日本ペットモデル協会のようなしっかりとしたプロダクションとは別に、
飼い主から金を搾り取る「悪徳アイドル犬ビジネス」が横行しています。

 

◇ あるペットオーナーの体験談
「私の愛犬を登録した、ある動物プロダクションは、まず登録料として
2万円ほどかかり、さらに、クライアントに見せるプロモーション用
カタログの掲載料という名目で20万近い金額を請求されました。
飼い主が登録した犬の写真が数多く載っているカタログです。支払い
を終えてしまうと何の音沙汰もなく、結局、ペットモデルの仕事なんて
まわってきませんでした。」

 

愛犬の晴れ姿を見たい、世間に見てもらいたい、という飼い主の気持ち
につけ込んだ、アイドル犬ビジネス。いかにもありそうな詐欺ですよね。
昔は、子供のモデルを登録させる詐欺ビジネスなどもよくありました。
パターン、まったくいっしょですね。

 

しかし一方で、「メディアに踊らされ、アイドル犬として売り出す目的や
ファッション感覚で、無知なまま犬を飼う飼い主が、ペット業界全体の
歪みを生み、悪徳ペットプロダクションの暗躍を支えている」との厳しい
声もあるようです。破綻するのは多犬種を扱っていたり、流行で扱う
犬種を変えるブリーダーが多いとのこと。

 

中には「この犬種がはやりだから、繁殖させれば絶対に儲かる」と、問題を
抱えた犬を高額で売りつける、マルチ商法まがいの方法で稼ぐ業者もいる
そうです。また、子犬は一箱に数十匹詰められ、ペットショップにまとめて
数千円で引き取られると、1匹10万近い値をつけられケージに展示されます。

 

お客には「可愛いですよ、飼いやすいですよ」と、マニュアル通りのセールス
トーク。こうした悪徳ペットショップの店員は、犬についての基礎的な知識すら
持っていないことがほとんどのようです。

 

犬と家族が、共存するには、飼う犬種に合った飼い方やしつけが必要です。
病気予防のワクチンなどお金もかかるのに、きちんとショップやブリーダーを
チェックせず、可愛さだけに目がくらんで買ってしまう人が多いんですね。

 

もくろみ通りアイドル犬になれなかったり、流行が廃れて飽きたり、手に負え
なくなってしまった犬は、捨てられるか、動物愛護センターに持ち込まれる
ことになります。中には、「旅行に行くから」という理由でセンターに処分を
依頼する飼い主もいるそうです。

 

ここ数年、全国で捕獲、保護されてセンターに持ち込まれた犬は、毎年8万匹
以上。そのうち引き取り手があるのは、わずか1割にも満たず、残りは処分され
ます。 しかも、処分を逃れた犬も決して安泰ではありません。

 

野犬、捨て犬の捕獲・抑留は狂犬病予防法に基づいて行われるため、フィラリア
などの伝染病のチェックはされません。そのため、狭いケージに何十匹も押し込
まれた中の1匹に感染犬がまじっていると、一気に伝染する率が高くなります。
処分を逃れて新たな飼い主に引き取られても、すぐに死んでしまう犬も多いとか。

 

アイドル犬を頂点としたブームの陰には、無数の不幸な犬たちの亡骸が・・・。
それを知ってしまったら、CMを見て無邪気に「カワイイ!」と頬を緩ませては
いられないかもしれませんね。

 

(参考  「サイゾー」)


肉球 世界3位の犬のしつけ【自宅でできる!犬のしつけの法則】
   TVや雑誌で有名なあのカリスマ訓練氏によるしつけ法を自宅で♪
   ワンちゃんの問題行動を 無理なく簡単に直せます!